スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サン=サーンスレッスン(その29)

2010年05月07日 01:12

いよいよ、この曲のレッスンも佳境です。
本日は、私の弾きたいテンポで、発表会で弾く部分全てをみて頂きました。

最初のオケの和音を先生の大天使さまが奏でます。




もう、これだけで、テンション上がりまくり!!



で、気負い過ぎて、こけまくる・・・(泣)




「気合を入れるのは良いけれど、力は抜いて下さい」


より楽器にテンションをかける方法とか、
要所要所もきっちりと、でも駆け足で。

溜めるところのためかたやら、
柔らかい音を奏でるところ、


先生のお手本演奏にうっとり。


あれ?先生もしかしてさらって来られました?


「自分の楽器でなら、これくらいはさらわずに弾けます!!」


失礼しました、でも本当に素晴らしい♪水を得た魚状態。
そうそう、私もそんな風に弾きたい、のです。


ネチネチ練習を続けてきたからこそ、
テンポでのレッスンの楽しいこと!!!

帰宅しても、熱病みたいに、取り憑かれたように、夕食後にさらいまくり。

家の大掃除もしなくてはいけないのに・・・(滝汗)

頭の中を嵐の旋律が、柔らかな静かな旋律が・・・ぐーるぐる。離れません。
初めてオケの見学に行った時のような興奮の仕方(笑)

あああ、今日は眠れるかなぁ。
防音室があれば今からでも弾きたい気分(現在、夜中の1時10分・爆)

早く明日が来ないかな。
そして、仕事が終わったら、即帰宅して、思いっきりさらおう。

久々にチェロ依存症発症した、本日のレッスンでした(笑)


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cellokichi.blog64.fc2.com/tb.php/626-641719cc
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。