スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レッスンでした

2010年03月26日 06:28

今週は夫は帰宅が早いわ、有休とっちゃうわ、で、全然練習できず。
気にせずにするんだった、夫を言い訳に使っちゃいかんな。反省。

という訳で、レッスンでしたが、サン=サーンスを使っての
S先生ご推奨


イライラする基礎練習


の、練習。
レッスン始まる前に、

「家で全然さらえなかったので、今日は家でするような練習をレッスンしてください」

「わかりました!」

まず、冒頭の音。
こいつで、ヴィヴラート特訓です。
ヴィヴラートに気が行ってしまい、右手が弱い。
ノンヴィヴラートで、右手だけでイメージの音を出す。

で、左手をつけると・・・orz。なんですね。

左手も先生がご自身の携帯動画を発動して、
私の「痙攣したような」ヴィヴラートを激撮(笑)
先生のヴィヴラートも私が撮影して、違いを検証。

これ、左手の押さえ方、力のかけかた、手の甲の作り方を徹底的に教えて頂きました。
すると、

あーら不思議。
チューナーが、きちんと真ん中を基点に左右に振れてます。

「おおお!」と感動していると、

「・・・今まで、チューナー反応してなかったんですか?(^^;」

・・・多分。(滝汗)


続いて、シフトの際の、音程激外しについての検証。

ヒトコト。

次に移動するための準備ができていない。

これを改善するだけでも、音程大幅改善!



でも、まだ外れているんですけどねー、と先生。



だけど、傷口が随分小さくて済むでしょ?



はい、重体から、重症くらいまでには(^^;
何とか、本番までに軽症くらいにしなくては。

こちらの本番は7月なので、5月までは、こういった、
早くなくてもいいから、ネチネチとして、きっちり弾く練習をして、
残り2ヶ月で・・・曲・・・に・・・・・


なるのか?!


請うご期待(笑)




スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cellokichi.blog64.fc2.com/tb.php/610-e2aacbf3
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。