スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Bフィル合宿

2010年03月14日 18:12

この寒い時に、合宿に行ってきました。
ですが、会場の体育館は暖房が入っていて、快適~♪
ほぼ完璧な防寒対策も功を奏し、会場内の移動以外は大丈夫でした(^^)v

で。

ブラームス4番は、ファーストヴァイオリンとチェロ、セカンドヴァイオリンとヴィオラが
掛け合いになったり、ユニゾンになるところが多いので、
対向配置がいいのでは?という意見が出て、
合宿1日目に試験運用しました。


うほほーーーーーっ!!

セカンドヴァイオリンって、なんて良いところで弾いているんでしょう!!!!
もう、ファーストヴァイオリンガンガン聞こえてくるし、というか、
気配察知してあれこれできるし、ものすごい弾きやすかったです♪

ヴィオラパートもウケは上々。
音にはさまれて弾きやすい、と好評。

が、いつものヴィオラの場所に移動したセカンドヴァイオリンさん。
音が遠くて聴こえにくく、ものすごいあわせにくかったそうです。

残念ながら、今回は見送りとなりました。
ですが、貴重な経験をさせて頂きました♪

ストバイの対向にチェロ、というのもよくある配置ですが、
演奏会のホールの音響特性から、第1回演奏会でやったきり、
2回目からは、ヴィオラが外側になっています。

音響を考えなきゃ、高音→低音と並ぶ配置の方が、実は良いのかも知れません。

合宿はお泊りなしで通う人たちも増えてますが、
宿泊組はほぼ固定してきた感がありまして、
その分、宴会も盛り上がりやすいのかも知れません。

そうそう、女性の宿泊部屋に隣の部屋の酔っ払いのおっちゃんが寝ていたそうです(@@;

部屋に戻ったのが遅かったので、私は遭遇しませんでしたが、
危ないことがなくて良かった。
このあたりの危機管理は今後の課題ですね。

演奏の方は・・・・あははは<笑ってごまかすな


ええと。
自宅での個人練習、がんばります(滝汗)

みんなで、メトロノームでテンポキープの練習をしておきましょう!

・・・と宣言して、自分の首を絞めてみる(爆)



スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://cellokichi.blog64.fc2.com/tb.php/605-56b6fbca
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。