スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長期休暇中です

2010年01月23日 11:23

お久しぶりです(^^;

オケ練習の後、火曜日に工房へ行ってカヌレさんを入院させました。
今回はネックを約1ミリ削ってもらいます。
それでも不都合があれば、さらに0.5ミリ、、、みたいに、
徐々にやっていきます。

ちなみに、指板のほうではありません。
所謂、ネックの部分です。木の色が黒でないところ。

チェロ本体との付け根部分のRが大きいので、もう少し小さくしてもらいます。
これでもうちょっと4ポジションが楽になるはず・・・
手の大きさがそれほど変わらない私のチェロの先生が、

「この楽器、きついーーー」

と仰るので、そうなんでしょう。
確かに、音程に気をつけていると、きついです(笑)<おいおい

退院予定は、明日、日曜日のお昼。
オケ練習の前に、引き取りに行きます。


・・・ってことは、


まるまる一週間楽器に触れないまま、次の練習です(汗)

さらに、、、



鬼の弦トレーナー先生の指導日(滝汗)


・・・あ、怒るとか、そんな意味の恐いではないです。
とっても優しいです。
指導内容が厳しいのです。

基本的に、チェロのレッスンと同じ進み方。
2小節進むのに30分かかるとか、そっち系の厳しさです

でも、そうやって、上手くいったときに、小躍りして喜んでくれたりします。
のだめの世界からやってきた、みたいな人(笑)

私はそういうレッスンには慣れていますが、
とにかく、先に進みたい、全曲通したい人には辛いようです(^^;

でも、問題残したまま先に進んでも、進歩ってないんですよね・・・

とれない音程はとれないままだし、
これは年数とかそういう問題じゃない、と最近特に感じます。
ええ、本当に、身にしみて(涙)

しかし、まる1週間楽器に触らないなんて、
数年前のフランス旅行以来だわ(^^;

暇なので、家事しました。





・・・嘘です(爆)



話は変わって、
昨日は、京響の定期演奏会を聴きに行ってきました。

フォーレ:「ペレアスとメリザンド」
サン=サーンス:チェロ協奏曲第1番
ショスタコーヴィッチ:交響曲第10番

はーい♪
もちろん、サン=サーンス目当てです♪♪
2列目でガン見してきました(笑)

ソリストは、ガブリエル・リプキン。

以前地元名手のK先生の演奏を聴いたことがあるのですが、
爆発力に欠ける、ものすごいストレスの溜まる演奏でした(涙)

前評判を調べてみましたら・・・


「ガブリエル・リプキンの演奏を聴く前には、心構えが必要だ」


お!
これはいけるかも?!


この曲は濃いぃ演奏の方が、私は好きなので、
濃厚な演奏をしてくれる予感がしたので、ものすごい期待しておりました!




大抵、期待しすぎると、外されてものすごいがっかりする事が多いのですが(苦笑)


今回は、さらに!



大満足~~~♪


そうよ、私は、こういう演奏を聴きたかったのよ!!


難所をクリアするたびに、大きく「ふぅ」とため息(?)されるのが
ものすごーーーいよくわかり、、、(笑)
音色も多彩で、本当に楽しめました。
先生に注意されて、なんとなくわかっていた気になっていたところが、
「ああ、こういうことだったのか」とわかったり、
「おおお、そこをそうとる?!」とか、、、マネできませんが(笑)
そこにオーケストラが居ることを忘れるくらい、ソロ演奏に集中して聴いてました・・・
オケの方、すいません(^^;;

・・・カヌレさん、入院中で良かった。
あの音を聴いた後で、自分の音を聴くのは絶望確実なので(^^;;;;



明日の弦セクション練習でリハビリ(?)してから、
また普段の練習に戻りたいと思います。

スポンサーサイト


コメント

  1. えにお | URL | mQop/nM.

    Re: 長期休暇中です

    問題先送りしてるなあ。でも先に進んでいるだろうか?>自分。
    チェロ吉さんは手が大きくていらっしゃるのに、
    4ポジションのどのへんがきついんですか?

  2. ククーロ | URL | -

    K先生のサン=サーンス

    ちぇろ吉さん、こんにちは。
    リプキンは聞き逃した、"K先生"と同じ地元のククーロです。

    K先生のサン=サーンス、それは確かにちょっと「取り合わせ」に難があるような気がしますね(笑)シューマンなら聞いてみたいかも。

  3. ちぇろ吉 | URL | be3FNRow

    Re: Re: 長期休暇中です

    えにおさんへ♪

    先送りしていない部分は進歩すると思います♪
    4ポジションはネック付け根に親指をかけるので、
    拡張形(Gisとか)がきついですね。
    届くのですが、気合が必要です(笑)

  4. ちぇろ吉 | URL | be3FNRow

    Re: K先生のサン=サーンス

    ククーロさんへ♪

    > リプキンは聞き逃した、"K先生"と同じ地元のククーロです。

    それは残念でした。・・・好みは分かれるとは思いますが(^^;
    実際に、ロビーではいまひとつ、みたいな感想も聞こえてきましたが、
    友人と一緒のコンサートに来ていた息子は「あのソロ、すごかった!」と興奮していました。
    親子して、濃いぃ好きなのかも知れません(笑)


    > K先生のサン=サーンス、それは確かにちょっと「取り合わせ」に難があるような気がしますね(笑)シューマンなら聞いてみたいかも。

    K先生の場合は、かなり後ろの席で聴いていたのもあるかも知れませんが(^^;

    しかしながら、昨日の演奏を聴いていて、K先生のみならず、あそこまではじけた演奏をするのは日本人にはきついのやも知れない、と思いながら聴いておりました。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://cellokichi.blog64.fc2.com/tb.php/573-fdd73d2f
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。