スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サン=サーンスレッスン(その23)

2009年12月29日 00:25

世の中が年末年始休暇モードの中、年内最終レッスンでした。


まずは、前回課題になった4→1のAからCへの移動。


「おー♪、前回とは比べ物になりませんね~♪」(注:脚色アリ・笑)

というようなお褒めのコトバを頂きました!


続いて、ウェルナーの4ポジに入ったところを初見で。
6年前くらいにレッスンで1回やったきり。
しかも、当時習っていた先生は

音程激しく外していても次に進む

という、今思えば、恐ろしい先生だったのでした。



「・・・・チョットマッテクダサイ」


はい?


「A線→D線→G線→C線の反対でやってもらえます?」(注・4→1で上がっていく)


♪C線→G線→D線→C線♪・・・




・・・・あり?



全然出来ませんでしたorz


「同じ角度で戻ってこなくてはね」

はい、そうですよね(涙)

ということで、今度はこれが宿題。


そして、そろそろ本番での演奏箇所を決めていただきたいです、とお願いしました。

1楽章いちおう全部見てますが、1楽章だけで終わるのはあまりに寂しすぎるので、
3楽章最後の部分をくっつけますが、それだと、1楽章最後まで弾くと変なのです(^^;

最小パターン
重音の嵐部分まで。

ちょっとがんばったパターン
3ページ目最後まで

もっとがんばったパターン
↑にプラス3楽章最後の部分

ということに。


さー、どこまでゆけるか。


今日のレッスンでは、

・三連符はわりとヨタらなくなってた

・しかし、左手のフォームがまだ、変。

・だから、ペタペタ動く。

・気をつけているときは、まし。


それから、やっぱり、音程です。



絶対に、ずらして修正しない


先生も、先生の先生から、それはそれはきつーく指導されていたそうです。

ううう、私も最初から言われ続けております。ちっとも直らなくて申し訳ない。


「本番ではとっても大切な技術なんですがね。自宅での練習では絶対にしないこと!」

はい・・・(反省中)

その他、フィンガリング修正やら、和音のとり方やら、教えて頂いて、終了。


「もーーーーーっと神経質にさらってください!」


あはははー。
キャラと違った事はきついのですが、根は真面目なのでがんばりますぅ♪


「で、この弦、そろそろ寿命だと思いますよ?」


げ。まぢですか?!
まだ1年経っていないですよ?

「・・・結構弾いてはるから、理想は3ヶ月に1回がベストです♪」


無理ですーーーーっ(涙)


「じゃ、ぎりぎりで半年に1回」


・・・ボーナスに合わせて、張替えます。

うわー、また出費だぁ・・・そろそろ毛も危なそうなすべり具合だし(苦笑)
次は何にしようかな。


スポンサーサイト


コメント

  1. えにお | URL | mQop/nM.

    ガット?

    ずらして修正、癖になっちゃってます。反省・・・
    音程、旋律、ハーモニーのイメージが弾く前からきちんと持てたら良いなあと思っています。
    弦交換ですか。チェロは高いから大変ですね。
    今度の弦は全部ガットですか?

  2. ちぇろ吉 | URL | be3FNRow

    Re: ガット?

    > ずらして修正、癖になっちゃってます。反省・・・

    皆、多かれ少なかれ、このクセはあると思います(^^;
    お互いにがんばりましょうね♪

    > 今度の弦は全部ガットですか?

    いえ、次回は全弦スチールです。
    響きは断然ガットの方が好きなのですが、
    いかんせん、舞台でライトを浴びた時の変化が恐いのです(小心者・苦笑)



コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://cellokichi.blog64.fc2.com/tb.php/557-5ea257b6
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。