スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぎさアンサンブル

2009年12月27日 00:05

本日はなぎさアンサンブルin南草津でした。

ちなみに、この「南草津」って、最近は「ミナクサ」という略称が・・・
あんまり好きじゃないけど、6音よりも4音の方が確かに言いやすい(笑)

今日取り上げたのは、
アヴェ・ヴェルム・コルプス
ムーンリバー
アヴェ・マリア(カッチーニ?)
アンダンテ・フェスティーボ(シベリウス)
クリスマスコンチェルト
アリア(バッハ)
そして、琵琶湖周航の歌

アヴェ・ヴェルム・コルプスはやはり強敵だ。
というか、白旗振りまくり(苦笑)
やっても、やっても、ちっともうまくゆかない。
もっともっと、細かい音程までつきつめないと、美しく響かないのだろう。
楽譜が白いけれど、本当に難しい。
聴きあう訓練にもなる、名曲。

今日やった中では、アンダンテ・フェスティーボが気持ちよかった。

にしても、音程の酷さ、、、涙目です、というか、泣いてます。
いつもこんなへっぽこにお付き合い頂いて、申し訳ない。
また明日からも音程特訓、がんばろう。


スポンサーサイト


コメント

  1. えにお | URL | mQop/nM.

    Re: なぎさアンサンブル

    アンダンテフェスティーヴォってね。
    思いっきりリラックスしてみんなで音程と感性を合わせたら、
    果てしなく音楽が広がっていくっていうか飛んでいくっていうか。
    そんな曲だと思うんですね。
    北欧独特の透明感とスケールの大きさ、シベリウスの熱いハート。
    大好きです。
    ああいう曲を「飛ばせる」演奏ってして見たいですね。
    なんといってもコントラバスがかっこええ。

  2. ちぇろ吉 | URL | be3FNRow

    Re: Re: なぎさアンサンブル

    えにおさんへ♪

    > 思いっきりリラックスしてみんなで音程と感性を合わせたら、
    > 果てしなく音楽が広がっていくっていうか飛んでいくっていうか。
    > そんな曲だと思うんですね。

    おおおー♪
    まさにそんな感じですね。
    次回演奏する際は、そこのところを意識してやってみたいです。

    > なんといってもコントラバスがかっこええ。

    あ゛、なぎさアンサンブルにはコントラバスは居ませんでした(汗)

  3. えにお | URL | /xzFVZWc

    Ave Verum Corpus

    難しいですね。コーラスで何回歌っても四苦八苦です。
    あのやわらかくて透明な世界はね。

  4. ちぇろ吉 | URL | be3FNRow

    Re: Ave Verum Corpus

    えにおさんへ♪

    本当に難しいです。
    でも、涙が出るほど美しい。
    いつかそういう演奏ができるようにがんばりたいです♪

  5. | |

    承認待ちコメント

    このコメントは管理者の承認待ちです

  6. ちぇろ吉 | URL | be3FNRow

    Re: 最美

    えにおさんへ♪

    > ただ、やっぱりこの曲はオーケストラもしくはパイプオルガンとコーラスで演奏してほしいですね。
    > 譜面面は優しいので、ピアノやオルガンで弾いてみるとご機嫌です。

    この前、何かのテレビで教会でオルガンとコーラスでのアヴェ・ヴェルム・コルプスをちらりと聴きました。
    本当に「最美」という言葉にふさわしいものでした。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://cellokichi.blog64.fc2.com/tb.php/556-65eec56d
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。