スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近況。

2010年07月09日 19:20

相変わらず、病院に居ります。
そろそろ、食欲も復活しつつあり、歩ける距離もすこしずつ伸びてきました♪

この調子で、次の治療に向けての体力をつけてゆきます。


体調に余裕が出ると・・・

チェロが弾きたくて、弾きたくて。

家に帰りたい、ではなく、チェロが弾きたい、というのが笑えます。
家は、劇的ビフォーアフターで、すっかり様子が変わっているらしい・・・
エルさんにも会いたいですが、

一番はやっぱり、チェロ!!!!!

練習で、凹んだ話とか、
ちょっとやる気が失せているとか、
そんな話を読むたびに、あんたら、その幸せ、わかってるの?!と
喝を入れてます。こっそりとね(笑)

私は、この先の、どんな辛い治療にも、耐えなくてはいけない。
耐えなくては、チェロを弾くことができない。

痛い思いも辛い思いもせず、そこに楽器があって、気が向けばいつでも練習ができる。
当たり前だと、つい2ヶ月前までは思っていたことが、
実はものすごい幸せなことだと、今になって痛感する。

この先の治療にも、きっと耐えられる。
こんなにも、チェロが弾きたいのだから。

スポンサーサイト

お知らせ

2010年05月30日 00:43

先日からの体調不良は、結構厄介な病気で、
長期入院が必要となりました。

チェロを手にしてきた日から始まった『ちぇろ吉日記』ですが、
この度、一旦中断させて頂きます。

MY楽器のカヌレさんは、退院まで、活きのいい大学生に預かってもらうことになりそうです。
バリバリ鳴らしておいてねー。

弓は手元に。
お支払い、完了していないし(滝汗)

携帯電話の小さな画面から、皆様が更新される記事を励みに、闘病生活頑張ります!
ということで、皆様、頑張ってチェロを続けて下さい♪


発端は口内炎

2010年05月26日 17:21

ビンゴ!で的中した、発熱(5月11日の記事)の
前兆は1ヶ月前の同時多発巨大口内炎にありました。

あの医者、気のせい、大丈夫とか言っちゃって、
やっぱり元凶はそのあたりにありました、だから検査してくれって言ったのに。ぶぅ。
普段よりも妙にでかい口内炎が同時に複数できたら、
是非とも血液検査をオススメします。

さて。

微熱でだるいため、と、毎日血液検査に通っているため、
仕事を休んでいるわけですが、
今日は夫は出勤なので、ちょろっと練習できました~♪

なにしろ、「安静第一」と言って家事をさぼっているので、
夫の目の前で練習する訳にもゆかず(苦笑)

久々な気がする・・・うーん、やっぱり、チェロに触れる幸せ♪

しかし、金曜日に診断はっきりするまではどうも落ち着かない。
体力も落ちているので、1時間ほどでおしまい。
今週末のオケ練習も、来週のレッスンもキャンセル。
7月の母との北海道離島旅行もキャンセル。
発表会に出られるかどうか、は、金曜日あたりに決まるかな。

せっかくがんばってきたから、出たいなぁ!

京都工芸繊維大学交響楽団第10回定期演奏会

2010年05月17日 00:41

伝之介年譜

中学1年生
年に一度の定期演奏会初参加。於長岡京記念文化会館。
高校生の演奏したチャイ6『悲愴』に感激、いつかきっと弾くぞ、と心に誓う。

高校2年生
京都市合同オーケストラで、やはりチャイコの『1812年』を演奏。
指揮の高谷先生の薫陶を受け、音楽観が一変する。
いつの日か、また一緒に演奏できる日を夢見る。

そして、昨日。
大学3年というメイン回生にして、
悲愴のコンマスを任される。
指揮は高谷先生、会場は初めて悲愴と出会った、長岡京記念文化会館。

いろいろと紆余曲折があり、
疲労が溜まり、本番3日前に高熱で倒れる。
高熱・胃痛・下痢が止まらず(お食事中の方、すいません・汗)
本番2日前点滴と投薬、その後はウィダーイン○゛リーとイオン飲料だけで過ごす。


ニンゲン、空腹を過ぎると、精神が澄んでくるのだろうか。


本番。入場。
ほぼ全員が、微笑んでいる。

この時点で、この演奏会の成功を確信した。

高谷先生入場。
飛び切りの笑顔(笑)

1曲目。
多少の危ない箇所はあったものの、
演奏の喜びに溢れた音が痛快!
これぞ、学生オーケストラ、という熱い演奏。

2曲目。
木管の秀逸な音色。
小編成で、この演奏会の一番の意欲的な取り組みだと感じた。

休憩挟んで、いよいよ、メインの『悲愴』

この3日間で、頬の肉が削げ落ち、
ただでさえユルユルだった礼服がだぶだぶになり、
痛々しい姿の伝之介。
しかし、幸せに満ちた表情で、そこに居た。
演奏開始と同時に曲に入り込み、
スフォルツァンドで毛をブチブチ切りながら、気迫の演奏。
そして、明るい曲調の際には、にっこり笑いながらのアイコンタクト。

観客もどんどん曲に引き込まれてゆくのが良くわかった。

ただ、上手いだけでも、
気分だけでも、
感動は得られない。

しかしながら、彼らの演奏は、まさに熱い、渾身の演奏だった。

義母曰く

『悲愴があんなにいい曲だなんて、思ったの初めてよ』


人生で一番記憶に残るであろう、大学メイン回生での演奏会。
素晴らしい演奏をありがとう。





何とかなりそう!

2010年05月15日 00:58

私が市民病院で9時から3時まで滞在した日の夜。

伝之介が違う病気で倒れました。
発熱9度4分、頭痛、胃痛、腹痛、、、、え?

夜中にER受診。

いやー、魔の1日でした(笑)


本日、私はめでたく社会復帰をとげ、
伝之介は医療の進歩の恩恵を受け、
点滴ととんぷくでとにかく2時間は通常に動けます(^^;
どうにか、2時間のゲネプロも乗り切れたようです。

明日は一生に一度の大学オケメイン回生の晴れ舞台!
とにかく、気合だー(やっぱり鬼母)


空腹に負けるな。

現在、断食中

(飲み物は飲めてます)


伝之介『腹減ったーーーーっ!茶漬け食べてーーーっ!!』


本番終わったら、好きなだけ食って、好きなだけトイレへ行け(爆)






最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。